OHNO オオノ開發株式会社 | 汚染土壌処理、家屋解体、低濃度PCB | 愛媛県松山市

メールフォームより問い合わせ

解体業務

木造住宅から高層ビルまで解体作業を熟知した専門家の集団です。

弊社は、とび・土工工事業の他、各種の建設業許可を取得しており、技術と経験豊富なスタッフが、狭い土地から広い土地、低い建物から高い建物、木造建物・鉄骨造建物・RC(鉄筋コンクリート)造建物・CB(コンクリートブロック)造建物の解体作業を致しております。解体工事において振動や騒音を無くすことは困難ですが、技術力と気配りによって周辺の皆様方へのご迷惑を最小限にとどめることは可能です。弊社はクレームのない安全でスムーズな解体作業を行うため、日々最善の努力を致しております。

解体作業の流れ
流れ

吹付けアスベスト粉じん飛散防止処理技術「OKシステム(除去工法)」(自社工法)

弊社は2010年3月、(財)日本建築センターより吹き付けアスベスト粉じん飛散防止処理技術「OKシステム(除去工法)」の建設技術審査証明(建築技術)を取得しました。この技術は、既存の建築物に施工された吹付けアスベストの除去に際し、アスベストの飛散を防止する工法を確立し、その普及を図ることを趣旨としています。

技術開発の目的

1 除去工事に際し、作業区域に隣接する部分の空気1ℓ中の繊維状微粒子(アスベスト繊維を含む)の本数をおよそ10本以下とすることにより、汚染を抑制する。 建設技術審査証明書/アスベスト除去の様子
2 除去工事終了後に、作業場所における空気1ℓ中の繊維状微粒子(アスベスト繊維を含む)の本数をおよそ10本以下とすることにより、建築物利用者の安全を確保する。
3 除去工事中の作業者は、関連法令等に則って作業を行う等のほか、施工中に発生のおそれがある事故を想定して、その対策を講ずることにより、安全を確保する。

  • 解体業務
  • 運搬業務
  • 土木業務
  • 世界最大級解体専用重機