OHNO オオノ開發株式会社 | 汚染土壌処理、家屋解体、低濃度PCB | 愛媛県松山市

メールフォームより問い合わせ

よくあるご質問

処理に関して

低濃度PCB廃棄物の対処・処分の方法がわかりません。
弊社にお電話をいただくか、お問い合わせフォームよりご連絡ください。
お客様が所持している低濃度PCB廃棄物の概要(機器分類・製造者・保管状況等)
をおうかがいし、収集から処理までの処理計画のご提案を致します。

所持している機器に、PCBが使われているのかどうかがわかりません。
弊社では、PCB含有量の分析もおこなっております。分析を行い、0.5超含有していると
低濃度PCB廃棄物と判断され、環境大臣または県の低濃度PCB廃棄物無害化処理認定業
者にて処理しなければなりません。

低濃度PCB油が入ったままの電気機器は、受入れしてもらえるのでしょうか。
可能です。弊社の施設に前処理室があり、抜油や梱包などを行える場所があるため、漏洩等なければ、そのまま受入れできます。

お見積り・費用に関して

処理費用は、どれくらいかかるものなのでしょうか。
低濃度PCB廃棄物の種類・容量等を弊社の機器リストファーマットに記載頂き送付していただければ、概算お見積を算出致します。その後、現地確認を行い、その情報を基に、正式なお見積を作成させて頂きます。

大型機器はどれくらいの大きさの物まで処理可能なのでしょうか。
弊社事業所まで搬入可能であれば、大きさにかかわらず処理可能です。
  • 低濃度PCB廃棄物
  • PCB分析について
  • オオノ開發のPCB処理
  • 処理・手続きの流れ