OHNO オオノ開發株式会社 | 汚染土壌処理、家屋解体、低濃度PCB | 愛媛県松山市

メールフォームより問い合わせ

Message トップメッセージ

 平素より当社への格別のご理解とご支援を賜り、誠にありがとうございます。

 昭和41年の創業以来、当社は一貫して「皆さまに喜んでいただく。」ことをモットーに土木、解体、廃棄物処理と多様な事業に取り組んでまいりました。
 高度成長期の真っ只中において、大量生産・大量消費型社会によってもたらされた大量に発生する廃棄物をとにかく適正に安全に処理していく。そんな氣概を持って最終処分から焼却処分、またリサイクルへと時代の変遷に併せた廃棄物処理を行ってきました。

 今国内では、資源循環型社会の構築が進んだことにより、廃棄物の適正処理も一定の確立が成されたように思われます。そのような中、吃緊の課題として取り組まなければならないのが、汚染土壌の問題であったり、PCB汚染物の適正処理です。これらはいずれも日本が成長を遂げていく過程で潜在してきた過去の負の遺産であります。

 当社ではこれらの問題に積極的に取り組むべく、平成21年に環境科学研究センター(オオノ・ラボ)を立ち上げ、各種分析を適確にかつスピーディーに行っています。また平成23年には汚染土壌処理業許可を受け、工場跡地等で発見される土壌汚染の適正処理に努めています。

 2014年12月には環境省より2回目の低濃度PCB廃棄物にかかる無害化認定を受けました。これは従来から処理を行っていたPCB汚染絶縁油に加え、汚染されたトランスやコンデンサ、OFケーブルから処理物まで幅広く処理が行えるもので、取り扱いの種類及び施設能力において国内トップクラスの施設となっております。

 当社が永年にわたり培ってきた廃棄物処理の技術とノウハウをこれからの環境修復に活かしていき、次の世代のこども達が安心してくらせる社会をつくる。それが、皆さまによろこんでいただけることになると信じ、そんな氣を大事に事業に取り組んでまいりたいと考えています。今後とも一層のご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

オオノ開發 株式会社
代表取締役
大野 剛嗣
  • 会社概要 OUTLINE
  • トップメッセージ MESSAGE
  • 許可・登録 PERMIT・REGISTRATION
  • 沿革 HISTORY
  • 主な事業所 PRINCIPAL PLACE OF BUSINESS
  • グループ GROUP
  • 安全衛生管理 MANAGEMENT